2015年11月 3日

IPO投資初心者にオススメの証券会社 | SBI証券(IPOチャレンジポイントを使用してS級IPOをGET!)


IPOに当選するためには多くの証券会社に口座を持つことが近道となります。


これから始める方にとってまず最初に口座を作る場合、SBI証券をおススメします。



SBI証券をおススメする理由①


投資する資金が多ければ多いほど比例して当選確率が高くなります。
億単位をつぎ込んでいる方は毎回というほど当選しているかと思います。

SBI証券をおススメする理由②


IPOの抽選参加をして惜しくも落選した場合に「IPOチャレンジポイント」が付与されます。
このポイントを貯め、使用することによって当選することが出来るのです。
銘柄によってポイントのボーダーラインは変わりますが公募価格より2倍、3倍となる
いわゆるS級IPOもGET出来てしまいます。
そういう人気銘柄は300ポイント以上必要の場合が多いようです。

私も最近では8月11日上場した「パルマ」でIPOチャレンジポイントを使用してGET出来ました。

パルマ(3461):当選画像

よく言われている情報ですと1ポイント=1,000円相当とポイントの価値がある感じです。
当選したパルマでは100ポイントは使用してますのでざっくりですが
ちょうど100ポイント使用したとして10万円相当の利益があれば相応ということになりますね。
この時は公募価格1,350円(135,000円)、初値は2,302円(230,200円)でしたので
95,200円の利益(手数料除く)でした。



ちなみに過去8年さかのぼってSBI証券でのIPO取扱数というと

2014年 64件
2013年 44件
2012年 37件
2011年 26件
2010年 13件
2009年 10件
2008年 27件
2007年 70件

8年間で合計291件となりますのでIPOチャレンジポイントを貯め続けていると291ポイント
となります。
今年(2015年)は先日上場したバルニバービまですでに52件ですので350ポイント近く
貯まることになりますね。
IPOの取り扱いを1年間に平均50件とすると300ポイントまでは約6年かかりますが
ローリスクかつ高額利益を手にすることが可能となりますのでまず最初に口座開設を
おススメします!
SBI証券は12月3日に上場するインベスターズクラウド(1435)の主幹事です。
抽選参加も11月16日からとなっておりますのでこれから口座開設をしても間に合います。
口座開設はお早めに。





アクセスランキング

ランキングに参加しています。皆様のクリックが日々のブログ・メルマガの糧になります。
応援をお願い致します。


にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ みんなのお金儲けアンテナ 投資ギャンブル ブログサイトランキング 人気ブログランキングへ

2014年7月21日

【安藤証券(美らネット24)】

証券会名 安藤証券(美らネット24)
安藤証券(美らネット24)説明 安藤証券は、創業明治41年。対面店取引に加え、コールセンター、インターネット、モバイルと4つの取引チャネルを提供している。株式以外にも投資信託、外国債券、SGX・CME日経225先物、CBOTミニダウ先物まで幅広く取扱いをしている。2014年7月22日よりインターネット取引サービス「美らネット24」において、新規公開(IPO)、募集・売出(PO)の取扱を開始。
安藤証券(美らネット24)
口座管理料
無料
安藤証券(美らネット24)
IPO引受数
2014年  1件
2013年  1件
安藤証券(美らネット24)
IPOインターネット申込
安藤証券(美らネット24)
IPO抽選方法
抽選対象者に対し、システムによりランダム抽選が行なわれます。1人1単元の平等抽選。
安藤証券(美らネット24)
IPO抽選参加最終入金日
ブックビルディング時に資金拘束はありません。
幹事配分数が出た時点で出金余力が必要です。
安藤証券(美らネット24)
IPO抽選参加注意事項・備忘録
●過去 1 年以上前より口座を開設しており、適合性の原則に合った顧客を中心に、新規公開株のリスクを理解された上で配分を行う。
●新規公開株の申し込み時に預り資産が 100 万円以上ある顧客を優先して配分を行う。
●短期売買の排除について、長期保有をしていただける顧客を重視しており、新規公開株を入手した後、一定期間保有していただける顧客を中心に配分を行う。
●過去に配分した後、直ちに売却を行っている顧客へは、長期安定的に保有していただけるお客様に比べて配分が少なくなる。
安藤証券(美らネット24)
現物取引手数料
(税込)
約定代金 20万円以下             108円
約定代金 20万円超~ 50万円以下  324円
約定代金 50万円超~100万円以下  540円
約定代金100万円超~150万円以下  648円
約定代金150万円超~            972円
安藤証券(美らネット24)
信用取引手数料
(税込)
一律 108円
※2014年5月12日~8月29日までは
キャンペーンのため無料
安藤証券(美らネット24)
入出金手数料
出金 振込先指定口座  無料
入金 ゆうちょ銀行ゆうちょダイレクト 無料
三菱東京UFJダイレクト  無料
三井住友ダイレクト 無料
みずほダイレクト 無料
ジャパンネット銀行 無料
楽天銀行 無料
住信SBI銀行 無料

↑↑↑資料請求・口座開設は上記バナーをクリック↑↑↑

ランキングに参加しています。皆様のクリックが日々のブログ・メルマガの糧になります。
応援をお願い致します。


にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ みんなのお金儲けアンテナ 投資ギャンブル ブログサイトランキング 人気ブログランキングへ

2013年4月22日

【SMBC日興証券】

証券会名

SMBC日興証券

概要 SMBC日興証券は三井住友フィナンシャルグループの中核証券会社として、リテール、ホールセール両ビジネスを展開する総合証券会社です。
「日興イージートレード」は、SMBC日興証券が提供するオンライン証券取引システムです。
『日興イージートレード』では、原則としてSMBC日興証券が幹事となる銘柄のブックビルディングに参加が可能です。
この抽選により配分されるのは、SMBC日興証券が配分する全株数の一定割合となります。
口座管理料 無料
IPO引受数 2015年  72件
2014年  54件
2013年  37件
2012年  27件
2011年  27件
2010年  27件
2009年  9件
2008年  22件
2007年  35件
2006年  49件
IPOインターネット申込
IPO抽選方法 一人の抽選対象者に対し、一つの乱数を付し機械的に抽選が行なわれます。また当選数量は一単元となります。
詳しくはこちら(PDF)
IPO抽選参加最終入金日 抽選時前受金制
ブックビルディング時に買付余力が必要
需要申告相当額は抽選日まで拘束されます。
抽選日(発行価格決定日)
SMBC日興証券
現物取引手数料
ダイレクトコース
(オンライントレード)
約定代金 手数料
~10万円 135円
~20万円194円
~30万円270円
~50万円432円
~100万円 864円
~200万円 1620円
~300万円 2160円
~400万円 3240円
~500万円
~1000万円4860円
~2000万円 9720円
~3000万円 16200円
~5000万円 27000円
5000万円超
SMBC日興証券
入出金手数料
出金 振込先指定口座 無料
入金 ジャパンネット銀行リンク決済 無料
ゆうちょダイレクト 無料
三菱東京UFJ銀行ネット振込EDI 無料
三井住友銀行SMBCダイレクト 無料
みずほ銀行スーパーデビットサービス 無料

↑↑↑資料請求・口座開設は上記バナーをクリック↑↑↑

ランキングに参加しています。皆様のクリックが日々のブログ・メルマガの糧になります。
応援をお願い致します。


にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ みんなのお金儲けアンテナ 投資ギャンブル ブログサイトランキング 人気ブログランキングへ

2012年1月28日

カブドットコム証券が業界初「一般信用(売短)」スタート。一般信用売建可能銘柄は約2,000銘柄に拡大

カブドットコム証券が業界初「一般信用(売短)」スタート。一般信用売建可能銘柄は約2,000銘柄に拡大

返済期限最長13日間の売建専用一般信用。ミクシィ(2121)、エルピーダ(6665)等約500銘柄。

カブドットコム証券株式会社は、2012年2月16日(木)(予定)から、一般信用取引に返済期限最長13日間で売建専用の「一般信用(売短)」サービスを追加。この「一般信用(売短)」は、返済期限を限定することにより通常では株式を調達しにくい銘柄まで売建可能となり、「逆日歩の発生しない一般信用での売建をもっと幅広い銘柄で活用したい」という要望に応える。
「一般信用(売短)」の取扱銘柄は約500銘柄を予定し、既存の「一般信用(長期)」の売建可能銘柄1,483銘柄(2012年1月24日時点)と合わせて、ネット証券他社の追随を許さない圧倒的な一般信用売建可能銘柄数を続伸させることとなる。なお、「一般信用(売短)」の手数料は通常の信用取引と同じで、貸株料は株式調達コストの増加があるものの5.4%に抑えたリーズナブルな設定。



信用取引の大半は短期間で返済される
信用取引は短期売買で利用されるケースが多く、例えば、返済期限6ヶ月の制度信用(売建)では、建玉日数2日以内に返済される割合が半数を超え約57%であり、13日以内までに返済される割合は約85%と大部分を占める。


短期間限定だから株式を調達できる
  この実態を踏まえ、長期間の株式調達は困難でも、短期間に限定することによって一般信用での売建可能銘柄を飛躍的に拡大させたのが「一般信用(売短)」。取扱銘柄や投資戦略に応じて、従来の制度信用や一般信用(長期)と合わせて、使い分けることが可能。

一般信用(売短)のポイント
・売建のみ、返済期限は最長13日(新規建て日の14日目応当日の前営業日)。休業日等により短くなる場合も。
・対象銘柄は、これまで一般信用で売建しにくかった銘柄中心に約500銘柄を予定。
・手数料は通常の信用取引手数料と同じ。
・貸株料は5.4%。株式調達コストが増加するため一般信用(長期)よりも高くなるがリーズナブルな水準に抑制。
・一般信用だから売建ても逆日歩が発生しない。株主優待狙い等でのツナギ売りに適している。

主要ネット証券一般信用売建可能銘柄数
一般信用
売建可能銘柄数
カブドットコム 松井 SBI 楽天 マネックス
約2,000銘柄
※一般信用(売短)追加後
509銘柄 × × ×
※2012年1月24日時点の各社ホームページを参照



カブドットコム証券の信用取引サービス概要
買建 売建
一般信用取引 制度信用取引 一般信用取引 制度信用取引
長期 売短
取扱銘柄 当社が指定する銘柄 各金融商品取引所が指定する制度信用銘柄 指定する銘柄 指定する銘柄 各金融商品取引所が指定する制度信用銘柄
取引開始日 上場初日から 制度信用銘柄
指定後
銘柄
指定後
銘柄
指定後
制度信用銘柄指定後
返済期限(※) 新規建玉の建日の3年目応答日の前営業日 新規建玉の建日の6ヶ月目応答日の前営業日 新規建玉の建日の3年目応答日の前営業日 新規建玉の建日の14日目応答日の前営業日 新規建玉の建日の6ヶ月目応答日の前営業日
金利(年利) 買方金利:3.6% 買方金利:3.07% 売方金利:0.0% 売方金利:0.0% 売方金利:0.0%
貸株料 なし なし 貸株料:1.5% 貸株料:5.4% 貸株料:1.15%
注文方法 成行/指値/寄付/引け/不出来引け成行/IOC成行/IOC指値/逆指値/トレーリングストップ/±指値/W指値/Uターン注文/リレー注文/バスケット注文
建玉上限 合計2億円(別途審査により建玉上限を変更することが可能です。)
最低保証金額 両取引の保証金を合算して30万円
委託保証金率 両取引の建玉を合算して30%
最低保証金維持率 両取引の建玉を合算して25%
代用掛目 ◆現金 100%
◆株券 前営業日の最終価格(気配)の原則80%
(※銘柄ごとに個別の代用掛目が設定される可能性があります。)
◆投資信託 前営業日の基準価額の80%(一般型のみ代用可。累投型、MMF、中期国債ファンドは不可)

●信用取引手数料体系
信用取引手数料体系 前営業日の建玉残高 または前営業日の新規建て約定代金合計
0円以上
3,000万円未満
3,000万円以上
5,000万円未満
5,000万円以上
6,000万円未満
6,000万円以上



50万円以下 483円 458円 338円 0円
100万円以下 798円 758円 558円
200万円以下 987円 937円 690円
500万円以下 1,155円 1,097円 808円
500万円超~100億円 1,260円 1,197円 882円


ランキングに参加しています。皆様のクリックが日々のブログ・メルマガの糧になります。
応援をお願い致します。


にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ みんなのお金儲けアンテナ 投資ギャンブル ブログサイトランキング 人気ブログランキングへ

2012年1月27日

カブドットコム証券が現物株式手数料を最大80%以上の大幅値下げに全面改定

カブドットコム証券が現物株式手数料を最大80%以上の大幅値下げに全面改定

2012年2月1日から、(約定代金×0.09%+ 90円)×1.05 [上限3,874円]に。指値加算無し。

カブドットコム証券株式会社は、2012年2月1日(水)から、現物株式の手数料を最大80%以上の大幅値下げとなる体系に全面的に改定。現物株式手数料の改定は2005年11月の値下げ以来6年超ぶりで、成行、指値、自動売買等の執行条件にかかわらず同じ手数料が計上されるシンプルな体系に一新。また、今回の改定に伴い同日から、シニア割引の割引率を50歳代2%、60歳代以上4%に引き下げ。
現物株式手数料の全面改定を行うことにより、すべての取扱商品において業界トップクラスの低水準手数料となる。



新現物株式手数料
新現物株式手数料
2012年2月1日~
(約定代金×0.09% + 90円)×1.05 [上限3,874円]

約定代金 2万円 10万円 30万円 50万円 100万円 200万円 5,000万円
新手数料 113円 189円 378円 567円 1,039円 1,984円 3,874円
従来比
(旧手数料)
-82.1%
(630円)
-81.6%
(1,025円)
-76.0%
(1,575円)
-64.0%
(1,575円)
-34.0%
(1,575円)
-17.8%
(2,415円)
-5.3%
(4,095円)


<新現物株式手数料の改定ポイント>
インターネット・指値・約定代金10~200万円までの比較
・約定代金による段階制から計算式のみのシンプルな体系に変更
・主要ネット証券と比べて遜色のない低水準の手数料
・成行以外での執行条件における加算を廃止、指値や自動売買でも同一
・約定代金約246万円~4,500万円ではインターネットで指値の場合最大1,459円の値上げ。同価格帯での信用取引手数料は0円~1260円であり、信用取引での売買と品受け品渡しを活用することにより、さらに低コストに抑えることが可能。
・その他の割引プランは従来通り適用。

新現物株式手数料の改定



割引プラン
シニア割引 現物株式の売買手数料を、満50歳以上満60歳未満のお客さまは5%割引、満60歳以上のお客さまは10%割引とする割引プランです。2005年「日経優秀製品・サービス賞」最優秀賞受賞。※2012年2月1日予定から、満50歳以上満60歳未満のお客さまは2%割引、満60歳以上のお客さまは4%割引となります。
株主優待 当社株式の保有株数と保有期間に応じて、当社の現物株式取引の手数料が最大15%まで割引になります。
株主推進割引 これから対象銘柄を購入し株主となられる投資家の皆さまへの割引制度。現物株式の買付手数料が最大で通常の半額となります。カブドットコム証券(8703):50%
三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306):10%
中京銀行(8530):10%
ジャックス(8584):10%
池田泉州HD (8714) :10%
ファンドDE割引 当社でお預かりしている投資信託の月末残高1,000万円毎に、翌月の株式手数料を1回無料とし、受注日の翌月末にキャッシュバックします。(残高1億円以上は10回均一)


<割引プラン適用例>
 シニア割引、株主優待割引、株主推進割引は重複して適用されますので、さらにおトクに取引が可能。
※割引プランが適用される場合の手数料は、税抜き手数料を計算した後に消費税を加味して算出。
※割引プランの計算においては小数点以下も含めて計算しますが、基本となる手数料計算および消費税計算における小数点は切り捨て。

・【シニア割引60歳以上】
  → インターネット/指値/約定代金20万円の場合
手数料 割引率 計算式 割引後
新手数料 283円 4% (20万円×0.09%+90円)×96%=259円 ×1.05= 271円
現行 1,025円 10% 977円×90%=879円 ×1.05= 922円

・【シニア割引50歳以上】【当社株主優待1%(200株/~半年保有)】
  → インターネット/成行/約定代金50万円の場合
手数料 割引率 計算式 割引後
新手数料 567円 2%、1% (50万円×0.09%+90円)×98%×99%=523円 ×1.05= 549円
現行 1,050円 5%、1% 1,000円×95%×99%=940円 ×1.05= 987円

・【シニア割引60歳以上】【当社株主優待12%(13000株/2年~保有)】【株主推進割引50%(当社株)】
  → インターネット/指値/約定代金150万円/当社株の場合
手数料 割引率 計算式 割引後
新手数料 1,512円 4%、12%、50% (150万円×0.09%+90円)×96%×88%×50%=608円 ×1.05= 638円
現行 2,415円 10%、12%、50% 2,300円×90%×88%×50%=910円 ×1.05= 955円


ランキングに参加しています。皆様のクリックが日々のブログ・メルマガの糧になります。
応援をお願い致します。


にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ みんなのお金儲けアンテナ 投資ギャンブル ブログサイトランキング 人気ブログランキングへ

2011年7月 7日

大和証券

証券会名大和証券
概要大和証券は、IPOでは主幹事の割合がトップクラスの大和証券グループ本社が100%出資する証券会社です。
『ダイワダイレクト』コースは、インターネットを主とする取引コースで原則として大和証券キャピタルマーケッツが幹事となる銘柄の、抽選参加サービスが利用できます。
口座管理料3,150/年間
以下の条件を満たす事で、無料となります。(ダイワダイレクトコース)
・証券総合サービスへの加入。
・オンライントレードの契約。
・報告書電子交付の一括申込。
IPO過去引受数2010年 11件
2009年  7件
2008年 23件
2007年 60件
2006年 94件
2005年 88件
2004年 28件
2003年 23件
大和証券
IPO抽選方法・ダイレクトコースでは、ブックビルディングではなく、抽選参加サービス形式
・ネット申し込みは一人一単元のみ
・抽選参加申込みのあったすべての方を対象に行う「抽選」(大和証券販売数量の15%)と、「ダイワ・ダイレクト」コースの顧客を対象に行う「交換ポイント残高」に応じて当選確率が変動する「チャンス抽選」(大和証券販売数量の5%)により決定
IPO抽選参加最終入金日抽選参加申込時、抽選時前受金制
資金は拘束されませんが、抽選参加申込時、抽選時に買付余力があることが必要。
現物取引手数料ワンショット手数料(約定ごと)
約定代金 手数料
100万円以下 約定代金の0.36225%
100万円超300万円以下 約定代金の0.27720%+ 850円
300万円超500万円以下 約定代金の0.27720%+ 850円
500万円超1,000万円以下 約定代金の0.20475%+ 4,473円
1,000万円超3,000万円以下 約定代金の0.16485%+ 8,463円
3,000万円超5,000万円以下 約定代金の0.09450%+29,568円
5,000万円超1億円以下 76,818円
1億円超5億円以下 105,168円
5億円超10億円以下 136,668円
その後5億円毎に +31,500円
最低手数料:1,050円(税込)

ハッスルレート(1日定額手数料)
約定代金 手数料
300万円以下 3,150円
その後300万円増えるごとに +3,150円
入出金手数料出金 ダイワATMで無料
    セブン銀行ATMで無料

入金 ジャパンネット銀行リンク決済 無料
    ゆうちょ銀行ゆうちょダイレクト 無料
    三菱東京UFJ銀行 無料
    三井住友銀行 無料
    みずほ銀行 無料
    大和証券ATM ダイワカード使用で無料
    ゆうちょ銀行ATM ダイワカード使用で無料
    セブン銀行ATM ダイワカード使用で無料
大和証券
↑↑↑資料請求・口座開設は上記バナーをクリック↑↑↑

ランキングに参加しています。皆様のクリックが日々のブログ・メルマガの糧になります。
応援をお願い致します。


にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ みんなのお金儲けアンテナ 投資ギャンブル ブログサイトランキング 人気ブログランキングへ

2010年4月16日

リテラ・クレア証券

リテラ・クレア証券では株式手数料が業界最低水準、約定代金20万円は手数料が105円の証券会社

【現在行っているキャンペーン】
リテラFX
月間の累計取引枚数に応じて、翌月第2週最初の取引日から月末取引日まで通常手数料1単位あたり片道210円(税込)から割引した手数料を適用
(2010年6月30日まで)
投資信託
対象銘柄の買付代金の合計が50万円以上のお客様を対象に、申込手数料半額をキャッシュバック
(2010年6月30日まで)
リテラ・クレア証券公式サイトはこちら

リテラ・クレア証券の特徴・人気の秘密

リテラ・クレア証券
手数料が業界最低水準
現物手数料が業界最低水準はもちろん、日経225mini(ミニ)に関しても52.5円
携帯電話(モバイル)もdocomo、au、softbankでも取引が可能

注文方法が多彩
・インターネットを利用したパソコンでの取引
・携帯電話(iモードR,EZweb,Yahoo!ケータイ)での取引
・コールセンターのスタッフに、直接電話で取引
・トレーディングプラザ「リテラ」を利用した取引
・対面営業での取引
と5つの取引方法があります。

FXも取引可能
リテラ・クレア証券は「公的な市場」である東京金融取引所の「くりっく365」を取り扱ってます。証券口座からFX口座への資金移動がリアルタイムで行え、投資機会を逃しません。

日経225先物も取引可能
先に案内しましたFXと日経225先物は損益通算ができるため、複数の先物取引をする場合、ワンストップで取引が出来る証券会社として選ばれるのがリテラです。


リテラ・クレア証券詳細データ

手数料(現物取引)
10万円 20万円 50万円 100万円 300万円
210 210 525 945 2,520
定額手数料(現物取引)
10万円 20万円 50万円 100万円 300万円
210 210 525 945 2,520
制度信用取引手数料
50万円 100万円 200万円 300万円
525 945 1,680 2,520
一般(無期限)信用取引手数料
50万円 100万円 200万円 300万円
525 945 1,680 2,520
おすすめポイント IPO抽選枠は配分数のなんと30%!
■トレーディングプラザ「リテラ」による充実のサポート!
■高機能情報ツール「リテラトレーダープレミアム」が1ヶ月間無料
■FXも取引可能
■日経225先物も取引可能


リテラ・クレア証券企業情報

会社名 リテラ・クレア証券株式会社
所在地 東京都中央区日本橋茅場町1-6-11
資本金 37億9千4百34万円
金融商品取引業登録番号 関東財務局長(金商)第199号/東京都知事(2)第29722号
加盟協会 日本証券業協会
社団法人金融先物取引業協会
リテラ・クレア証券資料請求・口座開設はこちら




ランキングに参加しています。皆様のクリックが日々のブログ・メルマガの糧になります。
応援をお願い致します。


にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ みんなのお金儲けアンテナ 投資ギャンブル ブログサイトランキング 人気ブログランキングへ