タグ「株」 の検索結果(1/1)

2014年9月24日

【証券会社比較】信用1日手数料で比較


定額手数料ランキング 現物手数料ランキング第1位 SBI証券 SBI証券ではIPO抽選枠が
配分数のなんと70%もあります。
約定金額が10万円までは145円と
安い手数料なのでIPOの幹事になっても
申し込めるように口座開設しておくことを
オススメします。

1日の間に約定した総代金にかかる信用取引手数料を比較

信用取引とは、証券会社に委託保証金またはその代用の証券を担保として預けることによって証券会社からお金もしくは株を借りて、株式の売買をする取引きができる取引のことです。
証券会社に担保を入れることによってその金額の約2~3倍の取引をすることが可能。例えば100万円の担保があれば200万円~300円程度の取引が可能です。
会社名 10万円 20万円 50万円 100万円 200万円 300万円 口座開設
SMBC日興証券
ダイレクトコース
0円 0円 0円 0円 0円 0円
松井証券 0円 315円 525円 1,050円 2,100円 3,150円
GMOクリック証券 100円 210円 210円 420円 735円 1,050円
岡三オンライン証券 106円 216円 540円 756円 1,080円 1,404円
SBI証券 100円 250円 250円 500円 920円 1,340円
丸三証券 259円 259円 432円 864円 1,728円 2,592円
楽天証券 450円 450円 450円 900円 2,100円 3,150円
むさし証券 1,296円 1,296円 1,296円 1,296円 1,296円 1,296円
マネックス証券 2,700円 2,700円 2,700円 2,700円 2,700円 2,700円
2015年4月1日現在



ランキングに参加しています。皆様のクリックが日々のブログ・メルマガの糧になります。
応援をお願い致します。


にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ みんなのお金儲けアンテナ 投資ギャンブル ブログサイトランキング 人気ブログランキングへ

2014年9月24日

【証券会社比較】現物1日手数料で比較


定額手数料ランキング 現物手数料ランキング第1位 SBI証券 SBI証券ではIPO抽選枠が
配分数のなんと70%もあります。
約定金額が10万円までは145円と
安い手数料なのでIPOの幹事になっても
申し込めるように口座開設しておくことを
オススメします。

1日の間に約定した総代金にかかる現物手数料を比較

会社名 10万円 20万円 50万円 100万円 200万円 300万円 口座開設
松井証券 0円 315円 525円 1,050円 2,100円 3,150円
SBI証券 100円 200円 450円 800円 1,220円 1,640円
岡三オンライン証券 106円 216円 540円 864円 1,404円 1,944円
GMOクリック証券 230円 230円 430円 860円 1,260円 1,660円
丸三証券 259円 259円 432円 864円 1,728円 2,592円
楽天証券 450円 450円 450円 900円 2,100円 3,150円
むさし証券 1,296円 1,296円 1,296円 1,296円 1,296円 1,296円
マネックス証券 2,625円 2,625円 2,625円 2,625円 2,625円 2,625円
2015年4月1日現在



ランキングに参加しています。皆様のクリックが日々のブログ・メルマガの糧になります。
応援をお願い致します。


にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ みんなのお金儲けアンテナ 投資ギャンブル ブログサイトランキング 人気ブログランキングへ

2014年4月16日

【証券会社比較】信用手数料で比較


現物手数料ランキング 現物手数料ランキング第1位 SBI証券 SBI証券ではIPO抽選枠が
配分数のなんと70%もあります。
約定金額が10万円までは145円と
安い手数料なのでIPOの幹事になっても
申し込めるように口座開設しておくことを
オススメします。

1回の取引の約定代金ごとに必要となる信用手数料を比較

信用取引とは、証券会社に委託保証金またはその代用の証券を担保として預けることによって証券会社からお金もしくは株を借りて、株式の売買をする取引きができる取引のことです。
証券会社に担保を入れることによってその金額の約2~3倍の取引をすることが可能。例えば100万円の担保があれば200万円~300円程度の取引が可能です。
会社名 指値 成行 口座開設
10万円 50万円 100万円 10万円 50万円 100万円
SMBC日興証券
ダイレクトコース
0円 0円 0円 0円 0円 0円
松井証券 - - - - - -
カブドットコム証券 483円 483円 798円 483円 483円 798円
マネックス証券 105円 472円 1,050円 105円 472円 1,050円
岡三オンライン証券 106円 324円 540円 106円 324円 540円
GMOクリック証券 100円 100円 100円 100円 100円 100円
SBI証券 150円 200円 378円 150円 200円 378円
丸三証券 216円 540円 1,080円 210円 540円 1,080円
むさし証券 237円 237円 475円 237円 237円 475円
楽天証券 262円 472円 472円 262円 472円 472円
2015年4月1日現在



ランキングに参加しています。皆様のクリックが日々のブログ・メルマガの糧になります。
応援をお願い致します。


にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ みんなのお金儲けアンテナ 投資ギャンブル ブログサイトランキング 人気ブログランキングへ

2014年4月16日

【証券会社比較】現物手数料で比較


現物手数料ランキング 現物手数料ランキング第1位 マネックス証券 マネックス証券ではIPO抽選枠が
配分数のなんと90%もあります。
約定金額が10万円までは105円と
安い手数料なのでIPOの幹事になっても
申し込めるように口座開設しておくことを
オススメします。

1回の取引の約定代金ごとに必要となる現物手数料を比較

会社名 指値 成行 口座開設
10万円 50万円 100万円 10万円 50万円 100万円
松井証券 - - - - - -
GMOクリック証券 105円 260円 470円 105円 260円 470円
マネックス証券 105円 262円 1,050円 105円 262円 1,050円
SMBC日興証券 135円 432円 864円 135円 432円 864円
SBI証券 145円 285円 511円 145円 285円 511円
楽天証券 145円 358円 639円 145円 358円 639円
岡三オンライン証券 106円 378円 648円 106円 378円 648円
カブドットコム証券 189円 378円 1,040円 189円 378円 1,040円
丸三証券 - - - - - -
むさし証券 237円 237円 475円 237円 237円 475円
2015年4月1日現在



ランキングに参加しています。皆様のクリックが日々のブログ・メルマガの糧になります。
応援をお願い致します。


にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ みんなのお金儲けアンテナ 投資ギャンブル ブログサイトランキング 人気ブログランキングへ

2010年11月21日

大塚HDの需給ポイント 指数算入スケジュール先読み

株ブログ IPO・新規公開株

先に、12月15日の東証上場が承認が発表された大塚HD(4578)。上場後の需給動向を占う1つのポイントとして、主要な指数組み入れの可否なども注目されてくる。指数連動で運用されるパッシブ資金の機械的な買い付けが期待されるためだ。

ここでは、同じく大型新規上場として市場の注目を集めた、4月1日東証1部新規上場の第一生命保険(8750)のケースが参考になりそう。

内外の各主要指数では、年に1、2回程度の定期入れ替えを行うところが多いが、時価総額の非常に大きい銘柄の場合、これとは別に、上場後、比較的早期に組み入れる特例措置を設けているところもある。

外国人投資家の日本株投資の際、ベンチマークとして用いられるFTSEやMSCIなどだ。

第一生命の場合で見ると、4月2日(通常のザラバ取引開始日)終値を基準に"ファストエントリー"として、「FTSE」指数に採用。4月14日(上場10営業日目)終値を基準に、"アーリーインクルージョン"として、「MSCI」指数に採用されている。

その後、市場で最大の注目を集めたのは、5月28日終値を基準とした「TOPIX」採用。

実際には、「FTSE」の日こそ小幅高となったものの、「MSCI」では小幅安。「TOPIX」の際には、同じ新規採用組のアインファーマシーズや大幸薬品が急伸する中、朝高後、引けにかけて急速に値を消す皮肉な結果となった。

市場の期待が集まり過ぎると逆の目に出がち、という典型的なパターンとなったわけだが、ともあれ、5月最終週まで15万円近辺の高値圏をキープしていた第一生命が、TOPIXイベント通過を機に、崩れ足の様相を呈しており、逆説的に言えば、指数算入期待が株価を支えていたことの証明ということになりそう。

ちなみに、第一生命は、8月31日終値で「ラッセル野村プライム」に算入(この日も下落)。日経平均に関しては、来年3月末に予定される臨時入れ替え(中央三井トラストと住友信託の統合などに伴う措置)での新規採用が有力視されている。

FTSEは上場当日終値 早期採用微妙なMSCI

さて、大塚HDの場合はどうなるか...。

まず、TOPIXに反映されるのは通常通り、1月28日終値。上場後1カ月半程度、需給を支える要因となる。

ポイントとなるのはFTSEとMSCIだ。

大塚HDは、想定発行価格(2400円)から試算した時価総額1兆3000億円規模の超大型案件。とはいえ、株式会社転換によって浮動株が大半を占めた第一生命とは異なり、想定価格ベースの市場調達額は、オーバーアロットメントによる売り出しを含めても2268億円にとどまる。

外国人の取得可能な浮動株ベースの時価総額を基準とする両指数への組み入れは、第一生命同様というわけにはいかないようだ。

本紙連載陣の1人で、インデックス買い関連の投資法に詳しい「夕凪所長」(次回は12月9日付掲載予定)は、自身のサイト上で、「FTSEで特例となる『ファストエントリーレベル』をクリアしている。FTSEへの算入は取引日初日の終値がベースとなるため、上場日当日(12月15日)がFTSE買い日となる」などと指摘。一方で、MSCI早期算入があるとすれば、12月29日だが、「MSCIの『アーリーインクルージョン』のハードルの高さを考えると採用は厳しい」との見方も示している。

大和証券の橋本純一シニアクオンツアナリストは、「早期採用の是非は微妙だとは思うが、まだ仮条件も決まっていない段階では何とも言えない」としている(仮条件決定は25日、公開価格決定は12月6日の予定)。他社の有力クオンツアナリストからは、「MSCIと契約を結んでいない当社では、レポートは出せないことになっており、この件でのコメントも控えたい」といった声も。

MSCIからの正式発表は、上場日引け後か翌日に行われるもようで、注目しておきたい。(日本証券新聞)
ライブスター証券業界最安値水準の手数料体系(現物10万円未満は84円)






ランキングに参加しています。皆様のクリックが日々のブログ・メルマガの糧になります。
応援をお願い致します。


にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ みんなのお金儲けアンテナ 投資ギャンブル ブログサイトランキング 人気ブログランキングへ