2014年11月 3日

口座開設だけで1,000円プレゼント!IPOチャレンジドットコム×カブドットコム証券 スペシャルタイアップ

2014年11月1日(土)よりカブドットコム証券様とのタイアップが開始しました。

カブドットコム証券口座開設をするだけで1,000円がもらえます。
11月30日までの限定タイアップとなります。
年末IPOは銘柄数・取り扱い数も増えますので興味のある方は
早めの開設をおススメします。



カブドットコム証券の「IPO」3つのメリット



1:銘柄数が豊富
三菱UFJモルガンスタンレー証券が引き受けるIPOが申し込み可能。

2:WEBで簡単申込!参加手数料・購入手数料無料
IPOのブックビルディング手数料と購入手数料が無料。さらにWEB上で簡単に申し込みが可能。

3:抽選方法が公平のため誰にでも当選のチャンス!
配分数の一定割合がシステム抽選により当落が決定。

4:1口座1抽選の平等抽選!
資金や申込数に関係なく全ての申込者に平等。

5:口座維持管理料が無料

カブドットコム証券は「後期型」と呼ばれ、「BB申込み」と「購入申込み」の2回の申込みが必要なタイプです。(松井証券も後期型です)
その他、株主優待をゲットするために逆日歩が発生しない「一般信用取引」の取扱数がカブドットコム証券が業界トップクラス。
この一般信用の"つなぎ売り"を駆使すれば株価変動リスクをおさえる賢いテクニックが活用できます。

ブログではほとんど優待について触れておりませんが下記は先日届いた優待「イオン」の一例です。



IPO申し込みと一般信用取引にて株主優待ゲットも出来るため口座を持っておくとお得・便利な証券会社です。
これから増えるIPOに備えてと口座申し込みだけで1,000円がもらえるキャンペーンも期間限定ですので今のうちにお申込みをおススメします。



カブドットコム証券スペシャルタイアップ公式ページはこちら

ランキングに参加しています。皆様のクリックが日々のブログ・メルマガの糧になります。
応援をお願い致します。


にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ みんなのお金儲けアンテナ 投資ギャンブル ブログサイトランキング 人気ブログランキングへ

2012年1月28日

カブドットコム証券が業界初「一般信用(売短)」スタート。一般信用売建可能銘柄は約2,000銘柄に拡大

カブドットコム証券が業界初「一般信用(売短)」スタート。一般信用売建可能銘柄は約2,000銘柄に拡大

返済期限最長13日間の売建専用一般信用。ミクシィ(2121)、エルピーダ(6665)等約500銘柄。

カブドットコム証券株式会社は、2012年2月16日(木)(予定)から、一般信用取引に返済期限最長13日間で売建専用の「一般信用(売短)」サービスを追加。この「一般信用(売短)」は、返済期限を限定することにより通常では株式を調達しにくい銘柄まで売建可能となり、「逆日歩の発生しない一般信用での売建をもっと幅広い銘柄で活用したい」という要望に応える。
「一般信用(売短)」の取扱銘柄は約500銘柄を予定し、既存の「一般信用(長期)」の売建可能銘柄1,483銘柄(2012年1月24日時点)と合わせて、ネット証券他社の追随を許さない圧倒的な一般信用売建可能銘柄数を続伸させることとなる。なお、「一般信用(売短)」の手数料は通常の信用取引と同じで、貸株料は株式調達コストの増加があるものの5.4%に抑えたリーズナブルな設定。



信用取引の大半は短期間で返済される
信用取引は短期売買で利用されるケースが多く、例えば、返済期限6ヶ月の制度信用(売建)では、建玉日数2日以内に返済される割合が半数を超え約57%であり、13日以内までに返済される割合は約85%と大部分を占める。


短期間限定だから株式を調達できる
  この実態を踏まえ、長期間の株式調達は困難でも、短期間に限定することによって一般信用での売建可能銘柄を飛躍的に拡大させたのが「一般信用(売短)」。取扱銘柄や投資戦略に応じて、従来の制度信用や一般信用(長期)と合わせて、使い分けることが可能。

一般信用(売短)のポイント
・売建のみ、返済期限は最長13日(新規建て日の14日目応当日の前営業日)。休業日等により短くなる場合も。
・対象銘柄は、これまで一般信用で売建しにくかった銘柄中心に約500銘柄を予定。
・手数料は通常の信用取引手数料と同じ。
・貸株料は5.4%。株式調達コストが増加するため一般信用(長期)よりも高くなるがリーズナブルな水準に抑制。
・一般信用だから売建ても逆日歩が発生しない。株主優待狙い等でのツナギ売りに適している。

主要ネット証券一般信用売建可能銘柄数
一般信用
売建可能銘柄数
カブドットコム 松井 SBI 楽天 マネックス
約2,000銘柄
※一般信用(売短)追加後
509銘柄 × × ×
※2012年1月24日時点の各社ホームページを参照



カブドットコム証券の信用取引サービス概要
買建 売建
一般信用取引 制度信用取引 一般信用取引 制度信用取引
長期 売短
取扱銘柄 当社が指定する銘柄 各金融商品取引所が指定する制度信用銘柄 指定する銘柄 指定する銘柄 各金融商品取引所が指定する制度信用銘柄
取引開始日 上場初日から 制度信用銘柄
指定後
銘柄
指定後
銘柄
指定後
制度信用銘柄指定後
返済期限(※) 新規建玉の建日の3年目応答日の前営業日 新規建玉の建日の6ヶ月目応答日の前営業日 新規建玉の建日の3年目応答日の前営業日 新規建玉の建日の14日目応答日の前営業日 新規建玉の建日の6ヶ月目応答日の前営業日
金利(年利) 買方金利:3.6% 買方金利:3.07% 売方金利:0.0% 売方金利:0.0% 売方金利:0.0%
貸株料 なし なし 貸株料:1.5% 貸株料:5.4% 貸株料:1.15%
注文方法 成行/指値/寄付/引け/不出来引け成行/IOC成行/IOC指値/逆指値/トレーリングストップ/±指値/W指値/Uターン注文/リレー注文/バスケット注文
建玉上限 合計2億円(別途審査により建玉上限を変更することが可能です。)
最低保証金額 両取引の保証金を合算して30万円
委託保証金率 両取引の建玉を合算して30%
最低保証金維持率 両取引の建玉を合算して25%
代用掛目 ◆現金 100%
◆株券 前営業日の最終価格(気配)の原則80%
(※銘柄ごとに個別の代用掛目が設定される可能性があります。)
◆投資信託 前営業日の基準価額の80%(一般型のみ代用可。累投型、MMF、中期国債ファンドは不可)

●信用取引手数料体系
信用取引手数料体系 前営業日の建玉残高 または前営業日の新規建て約定代金合計
0円以上
3,000万円未満
3,000万円以上
5,000万円未満
5,000万円以上
6,000万円未満
6,000万円以上



50万円以下 483円 458円 338円 0円
100万円以下 798円 758円 558円
200万円以下 987円 937円 690円
500万円以下 1,155円 1,097円 808円
500万円超~100億円 1,260円 1,197円 882円


ランキングに参加しています。皆様のクリックが日々のブログ・メルマガの糧になります。
応援をお願い致します。


にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ みんなのお金儲けアンテナ 投資ギャンブル ブログサイトランキング 人気ブログランキングへ

2012年1月27日

カブドットコム証券が現物株式手数料を最大80%以上の大幅値下げに全面改定

カブドットコム証券が現物株式手数料を最大80%以上の大幅値下げに全面改定

2012年2月1日から、(約定代金×0.09%+ 90円)×1.05 [上限3,874円]に。指値加算無し。

カブドットコム証券株式会社は、2012年2月1日(水)から、現物株式の手数料を最大80%以上の大幅値下げとなる体系に全面的に改定。現物株式手数料の改定は2005年11月の値下げ以来6年超ぶりで、成行、指値、自動売買等の執行条件にかかわらず同じ手数料が計上されるシンプルな体系に一新。また、今回の改定に伴い同日から、シニア割引の割引率を50歳代2%、60歳代以上4%に引き下げ。
現物株式手数料の全面改定を行うことにより、すべての取扱商品において業界トップクラスの低水準手数料となる。



新現物株式手数料
新現物株式手数料
2012年2月1日~
(約定代金×0.09% + 90円)×1.05 [上限3,874円]

約定代金 2万円 10万円 30万円 50万円 100万円 200万円 5,000万円
新手数料 113円 189円 378円 567円 1,039円 1,984円 3,874円
従来比
(旧手数料)
-82.1%
(630円)
-81.6%
(1,025円)
-76.0%
(1,575円)
-64.0%
(1,575円)
-34.0%
(1,575円)
-17.8%
(2,415円)
-5.3%
(4,095円)


<新現物株式手数料の改定ポイント>
インターネット・指値・約定代金10~200万円までの比較
・約定代金による段階制から計算式のみのシンプルな体系に変更
・主要ネット証券と比べて遜色のない低水準の手数料
・成行以外での執行条件における加算を廃止、指値や自動売買でも同一
・約定代金約246万円~4,500万円ではインターネットで指値の場合最大1,459円の値上げ。同価格帯での信用取引手数料は0円~1260円であり、信用取引での売買と品受け品渡しを活用することにより、さらに低コストに抑えることが可能。
・その他の割引プランは従来通り適用。

新現物株式手数料の改定



割引プラン
シニア割引 現物株式の売買手数料を、満50歳以上満60歳未満のお客さまは5%割引、満60歳以上のお客さまは10%割引とする割引プランです。2005年「日経優秀製品・サービス賞」最優秀賞受賞。※2012年2月1日予定から、満50歳以上満60歳未満のお客さまは2%割引、満60歳以上のお客さまは4%割引となります。
株主優待 当社株式の保有株数と保有期間に応じて、当社の現物株式取引の手数料が最大15%まで割引になります。
株主推進割引 これから対象銘柄を購入し株主となられる投資家の皆さまへの割引制度。現物株式の買付手数料が最大で通常の半額となります。カブドットコム証券(8703):50%
三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306):10%
中京銀行(8530):10%
ジャックス(8584):10%
池田泉州HD (8714) :10%
ファンドDE割引 当社でお預かりしている投資信託の月末残高1,000万円毎に、翌月の株式手数料を1回無料とし、受注日の翌月末にキャッシュバックします。(残高1億円以上は10回均一)


<割引プラン適用例>
 シニア割引、株主優待割引、株主推進割引は重複して適用されますので、さらにおトクに取引が可能。
※割引プランが適用される場合の手数料は、税抜き手数料を計算した後に消費税を加味して算出。
※割引プランの計算においては小数点以下も含めて計算しますが、基本となる手数料計算および消費税計算における小数点は切り捨て。

・【シニア割引60歳以上】
  → インターネット/指値/約定代金20万円の場合
手数料 割引率 計算式 割引後
新手数料 283円 4% (20万円×0.09%+90円)×96%=259円 ×1.05= 271円
現行 1,025円 10% 977円×90%=879円 ×1.05= 922円

・【シニア割引50歳以上】【当社株主優待1%(200株/~半年保有)】
  → インターネット/成行/約定代金50万円の場合
手数料 割引率 計算式 割引後
新手数料 567円 2%、1% (50万円×0.09%+90円)×98%×99%=523円 ×1.05= 549円
現行 1,050円 5%、1% 1,000円×95%×99%=940円 ×1.05= 987円

・【シニア割引60歳以上】【当社株主優待12%(13000株/2年~保有)】【株主推進割引50%(当社株)】
  → インターネット/指値/約定代金150万円/当社株の場合
手数料 割引率 計算式 割引後
新手数料 1,512円 4%、12%、50% (150万円×0.09%+90円)×96%×88%×50%=608円 ×1.05= 638円
現行 2,415円 10%、12%、50% 2,300円×90%×88%×50%=910円 ×1.05= 955円


ランキングに参加しています。皆様のクリックが日々のブログ・メルマガの糧になります。
応援をお願い致します。


にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ みんなのお金儲けアンテナ 投資ギャンブル ブログサイトランキング 人気ブログランキングへ